不労不支@774Netz

不労不支を目指します

単身世帯って本当に負け組なんだな

■気になるみんなの貯蓄額、いくら貯めている? (画像=PIXTA)ひとくちに平均貯蓄額といっても、一般的に年代が違えば保有する貯蓄額も異なる。そこで、金融広報中央委員会が毎年調査・公表している「家計の金融行動に関する世論調査(2018年調査結果)」から…

フリマで稼げ!実は売れるこんなもの

■アイデアさえあれば仕入れコストはゼロ円に フリマアプリでは、こんなモノが売れるの? というモノも売られています。すでにメディアなどでも取り上げられているので多くの人が認識しつつありますが、トイレットペーパーの芯はフリマの定番商品の1つとなっ…

国民健康保険が値上げ!正社員以外は貧乏人確定!

厚生労働省は、自営業者らが加入する国民健康保険の保険料について、2020年度から年間の上限額を引き上げる方針を固めた。一緒に徴収する介護保険料も引き上げ、全体で現在の96万円から最大4万円程度アップする案を軸に調整する。医療費の膨張に対応…

年金手帳廃止!なんか怪しいな…

厚生労働省は、公的年金の加入者に交付される「年金手帳」を廃止する方向 で検討しているという。 手帳には記録管理のために一人一人に割り当てられる基礎年金番号が記載されているが、保険料の納付記録や加入資格の管理は電子データ化が進み、役割が低下し…

未婚ひとり親だと国民年金免除?そんなことして年金足りるのか?

未婚ひとり親も国民年金免除へ 2019年10月30日 6時28分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191030/k10012156091000.html 未婚のひとり親で所得が低い人の国民年金の保険料の支払いを、厚生労働省が全額免除する方向で調整していることが分かりました。 国…

使えない不動産は即売り!任意売却で負債を整理しよう

お荷物不動産をスピーディに売る任意売却 投資に損失はつきものです。事業としての性格を持つ不動産投資もそれは同様で計画どおりの収支にならず、頭を抱える人も少なからずいることでしょう。「思い切って売却して楽になりたい」と考えるのは自然です。しか…

年金とか言う実質ベーシックインカムがあるのだから高齢者こそ頑張るべき

決戦は年金支給日 スーパー客数・販売額、給料日超え 偶数月の15日である年金支給日が、個人消費の現場で注目されている。20年で約21兆円も増え今や55兆円規模(2017年度)に膨らんだ年金を取り込もうと企業も動く。日本経済新聞がスーパーの店舗あたり来店…

バフェットの掟に従えば必ず金持ちになれる

金持ちになるためには2つのルールを守りなさい 「第1ルール、損しないこと。第2ルール、第1ルールを忘れるな」 どうすれば、絶対に損しないのか? バフェット氏は絶対に損をする方法があると戒めています。 「自分が理解していない投資を始めたり、先週ほか…

カーネルサンダースから学ぶビジネス

カーネルサンダース鉄道、牧場、セールスマンなど40以上の転職をしてる 経営者として上手くいってる時もあったがその度になんらかの理由で上手くいかず破綻してる 定年時の60代の頃にはほぼ無一文になっていた 残っていたのはフライドチキンの作り方だけ 車…

脱税の逮捕基準を探る

2009 設立 2010/3 申告せず 2011/3 申告せず 2012/3 申告せず 2012/6 指摘を受けて3年分を2012/6/25に申告 2013/3 申告せず 2014/3 申告せず 2015/3 申告せず 2015/7 3年分を期限内に申告せず、指摘を受けて3年分を2015/7/23に申告 が、納付をせず2016/05…

AIの発達でダイナミックプライシングの導入が加速する

ダイナミックプライシングとは? Jリーグやプロ野球でも導入開始で注目需要と供給によって価格を変動させる「ダイナミックプライシング」。海外では盛んですが、日本でも導入する企業が増えてきました。そこで今回はダイナミックプライシングにはどのような…

不動産投資家目指すなら宅建ぐらい受からないと厳しい

「宅建」は不動産投資家にとって必要な資格なのだろうか? 宅建は難しいが不動産投資はそれ以上に難しい 結論を言うと、不動産賃貸業を行うのに宅建士資格が必須というわけではないが、宅建士試験の出題範囲となっている不動産取引に関する知識はあったほう…

金儲けの方法なんて教えるわけねーだろバーカ!

情弱の思考 時代は完全に変わり、完全な格差社会の到来です 今後それはもっと広がっていきます あなたは99.9%の大貧民と0.1%の大富豪とどちらを選びますか? 会社に嫌われたくないという依存の人生はヤバイのです 月収1億は決して夢ではありません うお…

どうして不動産屋が不動産投資をしないのか?

なぜ不動産屋は不動産投資をやらないのか? 必ず湧いてくる疑問として、儲かる物件なのであればどうして不動産屋が不動産投資をやらないのかということが考えられます。 考えてもみてください。もしも不動産投資がそれほどまでに儲かるものであるならば、な…

修繕リスクの高い設備

建築費クソ上がりそう まず気がかりなことは、建築に携わる労働者の不足です。平成9年では685万人いた建設業就業者が、平成28年では492万人に減少しています。約20年の間に193万人の建設業就労者が減っているのです。割合にすると、平成9年の約70%程度にな…