不労不支RaLY@iCreeks!

RaLY、LARRY7提唱者の社畜が不労不支を目指します

子供3000万とか嘘だからw1000万もあれば十分です

子供を22歳まで育てるとして必要なお金

結婚して子供作ると子供扶養控除で住民税所得税が80万ほど非課税になり年8万、20年で160万ほど節税
又、会社からの家族手当で給料が月平均ベース2万ほど上昇、2×12×22年間で528万プラス
出産までの通院費用は育児一時金42万くれるので無料、下手したらプラス
児童手当←15歳まで毎月1万、3人目は1.5万くれる、3歳未満は一律1.5万で合計210万くれる

予防接種無料券(接種全て無料)
保育園(無償)小中(公立無償)高(公私ともに無償)

★今度は出費を計算する、上記の社会手当合計898万から引く。
修学旅行小中高計40万  幼小中高の給食弁当代平均1年3万×15年=45万
習い事年間12万×小学校6年=84万
自転車2~3回買うとして10万
勉強机5万眼鏡代5万
子供部屋の電気代年1万(LED+最新エアコン)
18歳までの朝夕、土日、長期休暇の食費、13歳を平均にして約400万
携帯代、MVNOで年1万、小~高12万
小遣い 67万(中学生まで月1000円、高校で月1万円+お年玉1万×20年)
医療費(中学生まで無料)
衣料品 月5000円×18年で98万
卒業アルバム小中高1万
18歳まで総額 898万から出費787万=111万儲け

18歳以降
国立大学 自宅通い君の場合
4年間学費250万 (アルバイト、奨学金含めず)
22歳までの総額は250万から111万引いた139万
平均すると地元国立行く子供の維持費は月あたり5千円

一番金かかるパターン君の場合
予備校行って私立大学に下宿するとする
予備校に100万円、私大授業料500万、下宿で150万で18歳までのプラス111万を引くと総額639万、月あたり2万4千円


上の計算は、両家のジジババからのご祝儀と支援、地域の子育て支援が多様なため含めておらず、又、大学時代のバイトも含めず。それを入れたら実際は更に数百万下がる。
大学進学率は5割で内半分は奨学金(自腹)なので、実際大学の授業料払う親は4人に1人、上の計算はかなり恵まれた子供となる。

今は子供が負債になりにくい時代

少子化の原因はマスコミと学資保険に入れたい屋の不安煽りです。
子育て3000万とかいうサイトみたら全部保険屋にリンクつけてありますからねw

要はビジネスな訳です。子育て支援が拡充していった結果、子供にかかる費用は安くなりました。教育に失敗しなければ、負債にはなりません。失敗すると特大級の負債になりますが、そこは親の質が求められるでしょう。